メ-ファ 韓国閨房工芸研究会 展示会

メ-ファ 韓国閨房工芸研究会

メ-ファ 韓国閨房工芸研究会
メ-ファ 韓国閨房工芸研究会

2018年3月23日(金)から 3月25日 (日)  11:00〜19:00 最終日15:30まで

東京 ギャラリー吉永

電話番号03-3816-2809

メドゥプのワークショップも開かれるそうです。(ワークショップは先着順)

 

メ-ファ 韓国閨房工芸研究会
メ-ファ 韓国閨房工芸研究会

 

東京 ギャラリー吉永

〒113-0024

東京都文京区西片1-15-6

 

カテゴリー: ポジャギ タグ: ,

韓国伝統工芸ヌビワークショップ

韓国伝統工芸ヌビワークショップ
2月7日〜2月25日 10:00∼19:00

ユン・ビョンオク先生からの伝言です。

(アトリエ求里畝関連ではありません。グリムメンバー在廊していません)

ヌビ教室
ヌビワークショップ

 

会期中随時受付/講師:尹炳玉
受講料(草木染めシルクの材料費込み):
・マフラー短 10,000円、マフラー長 15,000円
・ベスト 小児用 20,000円
・ベスト 大人用 30,000円

 

上記以外ものも講習可能 ジャケット・コート等
作りたいものの型紙と裏生地を持参ください。
表生地は韓国シルクです。

先生から自然染めシルクを購入できます。
裏生地は日本の着物生地などでもかまいません。

こちらのワークショップですが、予約制ではなく、会場で随時受付。

そして太っ腹に、会期中は何度でも通えるそうです。

 

注意事項

韓国人のユン先生がお一人でされるワークショップです。
先生は日本語を話されません。

通訳不在時も多々あるかと思います。
先生が展示会場不在の時もあると思います。

日本的なワークショップの形ではありません。

韓国に習いにきたような気持ちで

おおらかなお気持ちで参加をお願いいたします。

 

 

ヌビのワークショップ
ヌビのワークショップ

神戸仁川芸術交流プロジェクトの関連イベントです。

写真家・柳銀珪(リュ・ウンギュ)+伝統韓服・尹炳玉(ユン・ビョンオク)展
「白衣の暮らし」

2018年2月3日(土)〜2月25日(日)
10:00〜19:00/5(月)、13(火)、19(月)は休館

主催:C.A.P.
協力:日本韓国中国交流準備委員会、神戸大学人間表現学科
助成:公益財団法人日韓文化交流基金

会場:KOBE STUDIO Y3/C.A.P.
神戸市中央区山本通3-19-8海外移住と文化の交流センター内
tel&fax:078-222-1003(10:00-19:00 月曜休館)
info@cap-kobe.com
http://www.cap-kobe.com/

カテゴリー: ヌビ タグ: ,

「白衣の暮らし」

神戸仁川芸術交流プロジェクト

写真家・柳銀珪(リュ・ウンギュ)

伝統韓服(ヌビ作家)・尹炳玉(ユン・ビョンオク)展

「白衣の暮らし」

という展示会が開かれるそうです。

ヌビのワークショップ

 

2018年2月3日(土)〜2月25日(日)

10:00〜19:00/5(月)、13(火)、19(月)は休館

 

ヌビのワークショップ

 

主催:C.A.P.
協力:日本韓国中国交流準備委員会、神戸大学人間表現学科
助成:公益財団法人日韓文化交流基金

会場:KOBE STUDIO Y3/C.A.P.
神戸市中央区山本通3-19-8海外移住と文化の交流センター内
tel&fax:078-222-1003(10:00-19:00 月曜休館)
info@cap-kobe.com
http://www.cap-kobe.com/

 

 

「韓国伝統工芸ヌビワークショップ」
会期中随時受付/講師:尹炳玉
受講料(材料費込み):
・マフラー短 10,000円、マフラー長 15,000円
・ベスト 小児用 20,000円
・ベスト 大人用 30,000円

こちらのワークショップですが、予約制ではなく、会場で随時受付。
受講料は草木染めなどのシルクの材料費も含まれています。
そして太っ腹に、会期中は何度でも通えるそうです。
注意事項としましては、
ヌビ作家のユン先生は日本語を話されません。
通訳がいない時や、先生が展示会場不在の時もあると思いますので
通われる場合は、申し込み時にご確認くださいませ。

 

JR元町駅から徒歩15分ぐらいだったと思います。
ちょっと坂道あがります。

カテゴリー: ヌビ タグ: ,

大邱 ポハンフェチプ クァメギ

前から食べたかったクァメギなるものを初めて頂いた。

大邱 フェ おいしい クァメギ

大邱 フェ おいしい クァメギ

海苔に葱や大蒜ワカメを乗せて一緒に。

 

生臭いお店もあると聞きましたが、こちらのお店は

全くにおいがなく 焼酎とぴったり合います。

大邱 フェ おいしい クァメギ

最初にお刺身や天ぷらなどたくさん頂いた後だったので

はちきれそうな時に 最後にクァメギ登場したのですが

それでもおいしく食べ続けました。

とても賑やかないいお店です。

 

大邱 フェ おいしい クァメギ

 

 

大邱 フェ おいしい クァメギ

 

クァメギはサンマニシンなどの青魚を原料に厳冬期に造られ、夜間に凍らせ、日中に天日に当てて徐々に溶かしながら寒風に晒して生干しにし発酵させたものである。

by ウィキペディア

 

世界 入りにくい居酒屋 in ソウル

雪がちらつくソウル 友達と鍾路3街駅から南に向う。

世界入りにくい居酒屋 ソウル

 

町工場がぎゅーと集まった路地裏のなかにあるお店

ソウル食品という居酒屋

 

NHKドキュメンタリー - 世界入りにくい居酒屋

 

NHK世界入りにくい居酒屋

2階に1席だけあいていて、運良くすぐ座れました。

 

NHK世界入りにくい居酒屋

ナクチの生きたのとか食べたかったのですが

遅い時間だったので 売り切れてました。

サムギョプサルを食べた後だったので、軽く

ニラのジョンとツブ貝の和え物とソーメンにマッコリ2本

大きくて美味しいニラのジョンは 400円!!

 

マッコリは1本 200円 生ビールも200円らしい。

これぞ ソウルのセンベロ

NHK世界入りにくい居酒屋

ちょっとぐちゃとした後ですみません。

 

NHK世界入りにくい居酒屋

べっろべろに酔ったおじさん軍団が帰った後

最後まで飲み続ける。

 

世界入りにく居酒屋

 

マッコリ・ビール・焼酎は自分で取りに行くスタイル

お箸とグラスはなぜか冷蔵庫に。

 

ヨンイの店

こちらは、

NHKドキュメンタリー – 世界入りにくい居酒屋ソウル ミョンドン編で

放送された 「ヨンイの店」だそうです。

 

NHK世界入りにくい居酒屋

メニュー右から

ナクチ テナガダコ 10000ウォン

プン?オジンオ いか 時価

チュクミ イイダコ 10000ウォン

チェユクポックム 豚肉炒め 10000ウォン

オジンオテチム いかの茹でたのでしょうか 不明

コンチチゲ さんまのキムチチゲ 10000ウォン

キムチチゲ (大きな鍋で) 10000ウォン

ポンテギ カイコの蛹を茹でたもの 4000ウォン

ファンド 貝の入った麺料理? (自信ありません) 4000ウォン

コルペンイムチム ツブ貝のあえもの ソーメン付 12000ウォン

オデン おでん 5000ウォン

スンドゥブ 豆腐鍋 5000ウォン

トゥブキムチ 豆腐とキムチ 8000ウォン

ヘムフライ ハムフライ 7000ウォン

クルジョン 牡蠣のジョン 小6000ウォン 大10000ウォン

トゥンテジョン すけそうだらのジョン 小6000ウォン 大10000ウォン

ケランマリ 卵焼き 5000ウォン

プチュジョン ニラチヂミ 4000ウォン

キムチジョン キムチチヂミ 4000ウォン

ホバクジョン かぼちゃチヂミ 5000ウォン

 

まわりで食べている人を見ると どれも量が多かったです。

 

 

オープン時間10:00から 夜10:30

土曜日 10:00から 9:00

日曜日休みと書かれています。

 

ソウル食品 서울식품

ソウル特別市 鍾路区 観水洞 102-1
(서울특별시 종로구 관수동 102-1)

02-2267-3657

 

第6回伝統ヌビ研究会針香作品展

耕仁美術館で行われたヌビの展示会に参加させて頂き

ソウルから戻りました。

韓国の方々だけでなく 遠く日本からもたくさん来て頂き、

本当に楽しい展示会となりました。ありがとうございました。

ヌビ 展示会 韓服

第二展示館の1階は、ソウルヌビ研究チーム針香の先生方が

伝統的な韓服の数々を展示され、

2階は アトリエ求里畝のメンバーで 自然染めのヌビ作品を

展示させていただけました。

 

ヌビ 展示会 韓服

ヌビ 展示会 韓服

ヌビ 展示会 韓服

ヌビ 展覧会 ソウル

中谷先生は 藍染の作品 コートやジャケットを作成

 

ヌビ 展示会 韓服

私は、お坊さんへ作ったトゥルマギと

ベネチョゴリとブンチャパジ

エコファーをつけたコートを作りました。

 

 

 

 

2017年12月6日(水)~12月11日(月)
10:00~18:00
耕仁美術館(경인미술관) 第二展示館

서울특별시 종로구 관훈동 30-1
ソウル特別市鍾路区寛勲洞30-1

第2回 素芸ヌル会展

第2回 素芸ヌル会展/제2회 소예느루회展

第2回 素芸ヌル会展
第2回 素芸ヌル会展

「綿・面・淡・素 면 ・면 ・담・ 소 ポジャギ/보자기」

先輩やお友達が参加する展覧会が、ソウル仁寺洞で開かれます。

 

今回は綿という難しい素材で、どんな作品が作られたのか

また日本でも見れるといいのですが。

 

会期:2017.11.22(水)〜28(火)
時間:10:00〜18:00(最終日は12:00まで
会場:仁寺洞「KCDFギャラリー」地下1階 第1展示場
인사동 「KCDF 갤러리」지하1층 제1전시장
新住所:鍾路区仁寺洞11キル8 /종로구 인사동11길 8
旧住所:鍾路区寛勲洞182-2 /종로구 관훈동 182-2
日本語地図:http://map.konest.com/dforum/9449
한국지도:http://map.naver.com/local/siteview.nhn?code=18667671

カテゴリー: ポジャギ

伝統の美しさ韓国手芸 吉田光子先生

大阪 池田で開かれているポジャギ教室 “伝統の美しさ韓国手芸”

吉田光子先生 ポジャギ
吉田光子先生 ポジャギ

 

吉田光子先生のお教室に お友達が習いに行ってるので

噂を時々聞くのですが、

なんだかとっても 楽しい授業のようです。

 

次の課題は、なんとヌビパン 20cm×45cm

吉田光子 ポジャギ
伝統の美しさ韓国手芸

写真は裏面ですが、こちらのほうがきれいで、ポジャギがつきます。

 

吉田先生が作る色合いは、優しくおしゃれで、

韓国と日本のいいとこどりのような気がします。

 

この板で両端をクリップではさみヌビします。私の板 汚れてますね。

ヌビパンなんですが、もちろんヌビをする時に使いますが、

ポジャギの時にも使えますし、簡単なアイロン代としても

使えます。

巨大ヌビパンと違い 机にちょこんと乗せられて、とっても便利なものです。

 

 

韓国では、縫い物を習う時に 一番最初にこのヌビパンを作ると

聞きました。昔のことかもしれませんが。

 

家にヌビパンは2個あるのですが、吉田先生に習いたいので

できることなら、私も通いたいです。

はぁ関西に帰りたいなぁ。

 

 

イオンカルチャークラブ 池田駅前店

〒563-0041
大阪府池田市満寿美町2-2 ダイエー池田駅前店 西館3F
TEL:072-752-2033
受付:10:00~20:00 (土日17時まで)

 

 

 

マポスップルカルビ  마포숯불갈비

2件のコメント

鍾路3街に広がる カルメギザルやデジカルビのお店軍団

マポカルメギザル
鍾路3街 味カルメギザル 미갈매기살전문 夕方外まで満席

味カルメギザルを先頭にしたディープなゾーンに行くも

あまりの人の多さと濃厚さに圧倒され
グルグルまわって行き着いた マポスップルカルビ

こちらは2階にあるので、それほど混雑もせず
暑さ寒さから守られています。

 

ウマウマ デジカルビ

 

甘辛いタレの豚肉

マッシュルームは 蒸気を塞ぐ蓋となる。食べてもいいのかな?

 

 

マポスルプルカルビ
ケランチム

デジカルビも存分に美味しかったが

私の注文の仕方が悪く
なぜかカルメギザルが出てこなかった。

心残りで、また次回チャレンジしたい。

席はたくさんあり、ドラム缶方式

 

お肉のメニュー

 

マポスップルカルビという 同名のお店がアックジョンや他にも

あるのですが、こちらのお店の情報は日本のネットになかったので

メニュー書いてみます。

 

左上から

サムギョプサル 12,000ウォン

モクサル(首の肉) 12,000ウォン

デジカルビ(味つけ肉) 12,000ウォン

ファンジョンサル(豚トロ) 12,000ウォン

デンジャンチゲ(味噌汁) 5,500ウォン

チョングッチャン(納豆汁) 5,500ウォン

 

右上から

チャドルバギ(牛薄切り肉) 15,000ウォン

カルビサル 12,00ウォン

カルメギザル(豚の横隔膜付近の肉)12,000ウォン

キムチチム 5,500ウォン

ケランチム(韓国風茶碗蒸し) 5,500ウォン

 

1人2000円もあればお腹いっーぱいになります。

2017.8月の価格です。

カルビサルだけ 豪州産 他は韓国産

 

お店の人も親切です。

 

daumの地図より おかりしました。

5号線 鍾路3街 6番出口を出て 肉のコルモク通りに入り
味カルメギザルの左側の路地を入ると
左手に 광주집 (クァンジュチプ)そちらの2階です。

勇気を持って階段を上がってみましたが、

私は人気のなさに一度降りてきてしまいました。

 




마포숯불갈비

02-745-6388

서울 종로구 돈화문로11나길 3 2층

ソウル特別市鍾路区敦化門路 11ナキル32チュン

ヌビパン ヌビの台

ヌビパンと呼ばれるヌビをする時の台です。

ヌビパン ヌビ台

 

この特大ヌビパンは、大邱の博物館からやってきました。

永川チェダムジョンの先生が、博物館からたくさん頂き、

それを私たちが頂いたのです。

 

大邱の博物館が 不要になった理由が 悲しいのですが、

「もうヌビを習う人がいないから、いらなくなった」

という衝撃的な発表。

うっうううう

韓国内でヌビする人 どんどん少なくなっていってるようです。

 

ヌビパン
ここは針香 ヌビパンの上で 裁断中

 

ヌビを裁断する時も力を発揮しますし、

ヌビる時 パチパチするのもこの台で。

 

 

ヌビの道具
なかなか通過できなかった。ふぅぅぅ

 

中谷先生は、関空の荷物検査で 「これはいったい なんですか?」

と問い詰められ

「う〜ん アイロン台のようなものです。」と言ったものの

なかなか出てこれませんでした。