カテゴリー: 未分類

 
 

 

博多でおこなわれたセクシルヌビの展示会

会場を担当されていた韓国のお弟子さんでしょうか、

細かい質問に丁寧に答えて下さり、技術的なことも教えてくれました。
 

 
 
お昼からは、ポソンチブの講習会を受けたのですが、針の持ち方が違うため 四苦八苦。

初めて習ったのですが、あーそうするのかと勉強になりました。

慣れるまで時間がかかりそうです。
 


 
 

大阪から福岡までワッタガッタと日帰りしました。

お友達は、みなさん JAL、私はピーチ

1人で2時間空港で待つ間、もつ鍋とビール
 


 

瓦そばなどもあり、食堂は充実の福岡空港。

 
 
 

はかた伝統工芸館 9月20日(木)~25日(火)まで金潤善キムユンソン

セクシルヌビとは,韓国の伝統的な技法・砧(きぬた)打ちで制作した布や韓紙,多様な色の絹糸が使われた,皮のように丈夫な韓国の伝統手芸

今回の展示では,セクシルヌビの紹介や,伝統技術で日常的に使うものにアレンジした作品を展示・販売

【日時】2018年9月20日(木)~25日(火)

10:00~18:00 ※最終日は17:00まで

【場所】はかた伝統工芸館 1階

【主催】金潤善(キムユンソン)セクシルヌビ実行委員会

by 博多伝統工芸館のサイトより抜粋させて頂きました。

大阪池田のポジャギ教室

ポジャギ倶楽部~色をつなぐ~

吉田先生 ポジャギ

吉田光子さんは韓国の伝統と文化を伝える月麓の先生です。

 

私は名古屋なので通えないのですが、お友達が通われていて

「とっても楽しくて わかりやすくて」と

よく 私をうらやましがらせます。

 

 

吉田光子先生 ポジャギ

 

とても朗らかな方なので

あれはダメ これはダメということがなく

とにかく自由に作りましょう!

作って 使わないのはもったいない、どんどん使いましょう!

という考え方です。

IMG_3912

もちろん 韓国文化芸術振興協会認定講師でもあるので

初めての方には、

針の持ち方から、 縫い方など 基本的なことから丁寧に

教えてくださるそうです。

 

 

吉田光子さんは、

アトリエ求里畝で 、一緒にヌビを勉強しているお友達でもあります。

 

私は、ポジャギをなんとなく作っていますが

基本的なことから じっくり教わりたいなぁといつも思います。

 

 

講座内容

韓国のパッチワーク、ポジャギを基本の縫い方から始めます。

麻や絹など韓国の美しい布を使って一つずつ作品を仕上げていきます。

講師 韓国文化芸術振興協会認定講師 吉田 光子
開講日 毎月 第1、3 水 10:30~12:00
定員 15人
受講料 【受講料】4320円/月 【体験受講料】1080円 【運営維持費】324円/月

 

イオンカルチャークラブ 池田駅前店

〒563-0041
大阪府池田市満寿美町2-2 ダイエー池田駅前店 西館3F
TEL:072-752-2033
受付:10:00~20:00 (土日17時まで)