한국인의 솜씨 韓国人の手技 (本)

 

한국인의 솜씨 韓国人の手技(ハングギヌィ ソムシ)

img_0739

ある先生が、多分興味があるだろうからと本を送ってきてくださった。

韓国の伝統的な工芸品が写真と文章で紹介され

ヌビやセクシルヌビが、少し掲載されていました。

img_0741

img_0740

まだ詳しく読んでいませんが、どんな過程を通じて作られたのかが

のっているそうなので、韓国語の勉強にもなるし

頑張って読んでみようかと思います。ほんまかしら。

 

 

우리네 조상들의 정서와 삶의 모습들을 그대로 담고 있는 민속공예품과

생활용품의 참멋을 기록한 책. 그 유물이 그 시대의 생활상을

어떻게 반영하고 있는지,

그 유물을 만든 장인은 어떤 심성을 갖고 있었는지,

또한 어떤 과정을 통해 그 유물이 만들어졌는지에 대해 그림과 함께 설명했다.

 

私たちのご先祖の情緒と人生の姿をそのまま含んでいる民俗工芸品と

生活用品の真の趣を記録した本. その遺物がその時代の生活像を

どのように反映しているのか、

その遺物を作った職人はどんな性格を持っていたのか、

また、どんな過程を通じてその遺物が作られたのかに対して図と共に説明した。

(DAUM 本の紹介ページより)

img_0742

img_0745

img_0744

손영학 지음

2006.03.10형태판형 B5 

 페이지 수 263

정가20,000원 18,000

 

ソン・ヨンハク著作

2006.03.10形態判型B5

ページ数 263 | ISBN

定価20,000ウォン

 

※題名の솜씨(ソムシ) を辞書で引くと 手並・腕前・手際などとあります。

솜씨가 좋다 きれいに縫える人がよく聞く言葉だと思います。

残念ながら、私はあまり聞いたことがありません。

カテゴリー: セクシルヌビ, ヌビ,

소곤 소곤, 당신과의 대화 本

“소곤 소곤, 당신과의 대화” ”こそこそ,あなたとの対話”セクシルヌビ等の本

img_0709

동양자수 박물관, 온양 민속 박물관, 원광 디지털 대학교

공동 기획전 도록 조선,근세, 섬유 공예 유물 재현 특별 전시회 2013.

東洋刺繍博物館温陽民俗博物館 圓光大学校と

共同企画展図録、朝鮮、近世、繊維工芸遺物再現特別展示会 2013.と

東洋刺繍博物館のサイトにかかれていました。

 

img_0715

 

左側がOLD 右側がNEWの2部構成になっており

とても興味深い一冊で、シリーズ化されているこの本。
img_0729
左側の本に現存している古いヌビ

img_0733-1

右側に再現した作品を掲載。

 

ヌビ、セクシルヌビが多数掲載されています。

お好きな方は、もうみなさん持ってらっしゃるだろうなぁ。

写真は、お友達に借りてとりました。そしてなぜまわした後に返しました。

img_0718

簡単な作り方も掲載され、絶対に欲しい一品。

 

温陽博物館も東洋刺繍博物館もまだ行ったことがないので

来年には一度訪れ、シリーズ本が売っていれば

購入したいです。残ってるといいなぁ。

でも55000wonと高額で、悩ましい。欲しい。高い。欲しい。

 

 

img_0710

 


img_0723

 

img_0731

 

img_0738

韓山苧麻 모시한산  書籍

2件のコメント
韓山苧麻の本
韓山苧麻の本
機織り
機織り
韓山モシのポジャギ
韓山モシのポジャギ
韓山モシの韓服
韓山モシの韓服
ひざの上でクルクル
ひざの上で撚りながら

ユネスコ無形文化遺産のハンサンモシについて書かれた書籍

とてもぶあつく、かつ文章も多めで

読む気にはとてもなれず、すてきな写真をパラパラとながめています。

 

あこがれのハンサンモシを私はまだ見に行ったことがなく

来年には1度、買いに行きたいなあと思います。

 

 

모시한산 언저리의 미학モシハンサン

최지은 チェジウン 50,000원

 

カテゴリー: ポジャギ,

チンドゥスク先生のポジャギ 진두숙의 보자기

1件のコメント

진두숙의 보자기 (27000ウォン)という本がとても好きで、

眺めたり、さすったり。

白い余白が大きくとってあり

地味めのポジャギやセクシル等 包む・覆うものがたくさん

のっています。

 

ポジャギの本
地味な色合いがすてき

 

セクシルヌビの本
ペタンと広がる製本方法がいい

 

副題は、「一目の針仕事で”生”を包む」

教保文庫で購入 ポジャギの本
教保文庫で購入

 

 

진두숙が辞書を引いてもわからないので、

お友達に質問しましたら、「名前です」と教えてくれました。

先生のお名前だとは全く思わなかった。

 

一度この先生の作品を見てみたいけど、ネットではあまり情報がない。

 

ポジャギのバック
背中にしょうバック

こんなバック?も作ってみたい。

 

細かいセクシルヌビの本
細かいセクシルヌビ

 

 

ヌビのコートの作成に四苦八苦し、爪がはがれそうな毎日です。

「もうすぐできる」と大きな口を叩いたにも関わらず、

全く進まず、私の読みの甘さに愕然としています。

ウリ オッガム イヤギ

ポジャギの針山
ポジャギの針山

スジクという生地が好きなのですが、以前は名前がわからず

生地を持って行き、広蔵市場 元山の社長に

教えてもらったりしていました。

 

ポジャギの生地の本
ウリ オッガム イヤギ

 

ウリ オッガム イヤギ 103

そして見つけた韓国の生地の説明本

ポジャギの生地
説明が全部読めるといいのに

ウリ オッガム イヤギ(私達の生地の話)は、68ページにわたり、

本物の生地の端切れが貼付けてあり、説明が書かれています。

 

多様な生地
多様な生地

 

聞いたことのない名前が多い

生地の特性等の説明と 幅・密度・用途・流通用語が

掲載され、全部読めるといいのですが、、、

 

 

教保文庫で購入

50,000ウォンと高額

 

――――――――――――――――――――――――――-

今日の韓国語

(ポク) 幅

인치(インチ)インチ

밀도  (ミルド) 密度

용도(ヨンド)用途

유통용어 (ユトンヨンオ) 流通用語

――――――――――――――――――――――――――-

望郷 李明淑先生

望郷
中谷省三先生 本の挿絵

 

他人があるく一歩の道を

あなたは百歩かかってあるいていった。

灼けつく陽ざしが

したたりおちる汗を吸い上げていく

それでもたちどまることを知らない

かあさんのリアカアが

あるいていく

つまずき のめり あるいた

この土よ

いちにちいちまいではなく

いちにちにまいのはやさで

いのちがあなたの中から

虚空たかく消えていくのを

みつめていたかあさんの目

あなたが引きずりあるいたリアカアの

車輪のあとにぬりこめられた

かあさんの目よ

わたしはかあさんの目からおちたしずくが

あたたかい靄となってたちこめるみちを

濡れてあるいてみよう

かあさんの土と血と

血と土のたちきれないつながりにむせながら

もつれた糸の痛みをふりほどいてみるために

 

「リアカア」より抜粋

 

――――――――――――――――――――――――――–

李明淑先生の望郷 この本を読み直しました。

韓国から日本に移り住み、お母様の過酷な日々を描かれた詩

今までに読んだ本の中で 一番心に残ったものです。

 

詩人の李明淑先生は中谷先生と仲良しでいらして、

2年前に 一緒に韓国に行かせて頂いたことがあります。

韓国語は全部忘れてしまったとおっしゃていましたが、

安東につき、少し時間がたつと自然と会話されていました。

身体が覚えていたみたいねと。

 

久しぶりにお会いして

80歳を超えてもとっても可愛らしくお元気なご様子でした

――――――――――――――――――――――――――――――――–

カテゴリー: タグ: