月別: 2015年3月

韓服を着た新郎・新婦

韓服を着た新郎・新婦

ユン先生が新郎・新婦の為に作られた韓服。

先生が日本に来られている時に、写真撮影に同行されなかったので

ノリゲのないまま写真を撮られたようです。

 

韓国 新郎新婦 韓服

雑誌の撮影のよう

 

雑誌の撮影のようなポーズ

昔は、結婚する時に相手の親族全員の韓服を作って送る風習が

あったそうですが、今は現金を送るのが主流だとか。

 

韓国 新郎新婦 韓服

美人の新婦さん

 

撮影スタジオ

写真掲載 ok頂きました

 

ユン先生は 職人でいらっしゃるので、

「この韓服はいくらぐらいでオーダーメイドできるのですか?」

とお聞きすると

「お金持ちには高くて、そうでない人には安いの」とおっしゃる。

 

赤ちゃん用のヌビのチョッキなども1万5000円と

子供のお祝いだから 安くするの。と

 

日本だったら、公平であることを重要視して怒っちゃう方も

いるかもしれませんが、

韓国は逆にそれが公平ということなのでしょうか。

 

――――――――――――――――――――――――――――――――

今日の韓国語コーナー

新郎 신랑(シルラン)

新婦 신부(シンブ)

 

結婚直後でなくても夫を指す言葉として、신랑(シルラン)と言う人もいる。

その場合「私の夫」のことを우리 신랑(ウリシルラン)と言う。

実際には남편(ナムピョン)という言葉を使うのが妥当。

ケイペディアより抜粋

 

ユン先生のところで学んでいる パクスナァさんも

旦那様のことを ウリシルランとよく言われます。

多分結婚25年ぐらいだと思うのですが、ちょっと不思議なかんじ。

―――――――――――――――――――――――――――――――–

ネイティブの先生に、単語を覚えるコツはなんですか?と聞きましたら、

“必ずストーリーで覚えること” でした。

ただ単語を書いて覚えるより、ドラマを見てわからない単語を調べたり、

音楽だったり、流れの中で覚えたら、結局忘れないから。

と教えてもらいました。