通度寺 ヌビの講習会 

1件のコメント

展示会が終わり、求里畝メンバーで韓国に行きました。

とても広い通度寺
とても広い通度寺

 

諸般の事情で私だけ日本に帰ってきました。

中谷先生ご一行様は今、羅州にある藍染め工房から光州に移動しているそうです。

うっうらやましいです。私も羅州コムタン食べたかったなぁ。

 

迫力満点の通度寺の門
迫力満点の通度寺の門

 

 

 

今日は、通度寺で行われたヌビの講習会の話をしたいと思います。

金海子先生の展示会場に行きまして、

ちょっとした偶然が重なり、先生に会うことができました。

 

金海子先生
じゃーん 先生です

 

講習会場には40人ぐらいおられたでしょうか。

ワタを縫い止めるまで準備されたキットが配られ、

日本語を話せるお弟子さんがおられたので、つきっきりで

説明してくださいました。

ヌビのキット
ルーペを持参していないので、全く見えません。

 

ヌビの小バック
青と茶色と草色がありしまた。

作るのは、持ち手のついた小さいバックです。

 

 

その中にお坊様が一人座られていて、四苦八苦しておられたので

海子先生はその方に作って差し上げることになりました。

 

ヌビのバック
お坊様 できあがりをお待ちになられる

 

なんというラッキーなことでしょう。

先生は私達の横に座り、縫い始めました。

 

 

8年目になるお弟子さんも

「あなた方は、とってもラッキーでしたね。

私は、海子先生が縫われるところを今まで見たことがないのです。」

とおっしゃるのです!!!! そんなことってあるのでしょうか。

 

ヌビの講習会
お寺の博物館の中 講習会場

 

 

私達3人は、先生の手元をじっと見たまま離れられなくなりましたが

他の皆様は、あまり見にこられず、作業に集中されてました。

私には本当に不思議なことでした。

 

ヌビ 金海子先生
すごい超高速ヌビ パチパチパチパチパチ

 

先生は色々な話をして下さるのですが、

私のヒアリング能力は、韓国ドラマと

何度も会ったことのある人のみに発揮されるようで

先生の言葉は、聞き取ることができませんでした。

皆様に内容をお伝えできず、申し訳ありません。

 

 

金海子先生の衣装 白いヌビの中はきれいなピンク
先生の衣装 白いヌビの中はきれいなピンク色

 

 

1年に1回、こういう講習会が行われているそうです。

場所は決まっておらず、あちこちで。

 

金海子先生ホームページはこちらhttp://www.nubi107.com

今リニューアル中で、講習会のお知らせやキットの販売などしますと

おっしゃってました。

 

カテゴリー: ヌビ, 韓国旅行

One Reply to “通度寺 ヌビの講習会 ”

  1. エーッ、めっちゃラッキーじゃないですか〜ヽ( ^^)ノヽ(^^ )ノ

    展覧会を見られただけじゃなくて、講習会にまで参加できたなんて!?
    金海子先生のキットが手に入った上に、先生が縫うところを写真のような至近距離でじっくり見られたのもよかったですね。
    私もキルトフェスで見たことあるけど、ヌビをしないから豚に真珠でした(^^;)

    先生の白のお召し物、ステキね〜☆ それだけでも見たかったわ〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です