鈴木千香枝 閨房工芸研究会作品展

2件のコメント

 

ギャラリー吉永
ギャラリー吉永

 

受賞作品
ポジャギのチュニック

温陽民俗博物館館長賞 受賞作品

 

韓国
豪華なチュモニ

韓尚洙(ハンサンス)先生のチュモニ

メドゥプを結んでいるのは趙一順(チョウ イルスン)先生だそうです。

 

ff
伝統的な韓国色のポジャギ

大賞(文化財庁長官賞)受賞作品

 

ヌビのチョッキはお友達の作品
ヌビのチョッキはお友達の作品

 

鈴木千香枝 閨房工芸研究会作品展」

を本当に見に行きたかったのです。

写真は東京のお友達が 見に行き、撮って送ってくれたものです。

 

終わった展示会の話ですみません。

 

メドゥプやポジャギ、刺繍、ヌビ

すてきなものがたーくさん展示してあったようです。

 

極楽往生九色褓の復元

温陽民俗博物館の公募展で大賞(文化財庁長官賞)受賞作や

韓国の先生方の貴重な作品など

 

あー見たかった。

どうかそのまま作品を持って

関西でも展示会をして頂けないものか

 

縫い物が好きな方々は、どんなに遠くても

見たい展示会を 時間やおこづかいをたくさん使ってでも

強い意志で見に行く気がする。

 

 

カテゴリー: ヌビ, ポジャギ

2 Replies to “鈴木千香枝 閨房工芸研究会作品展”

  1. ようこさん、お元気ですか?
    このコメはオープンにしてくれなくてもいいんですけど……。
    ポジャギのチュモニは「文化財庁長 受賞作品」ではなくて、「韓国人の美学アカデミー」という公募展で、「温陽民俗博物館館長賞 受賞作品」です。

    その2つ下の復元ポジャギ2枚が千香枝さんの作品で「大賞(文化財庁長官賞)受賞作品」です。
    直してくださいませませ。

    あとハンサンス先生のチュモニのメドゥプを結んでいるのは趙一順(チョウ イルスン)先生です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です