タグ: ヌビ

アトリエ求里畝で染色した藍の枯れ葉染めの方法につきまして。

藍の枯葉染め ポジャギ ヌビ

藍の枯葉染め

 

だいたいの書物によると60gに700ccの水 などと細かに書かれていますが、

中谷先生の染色法は、全て目分量と勘で行われます。

でも大概?きれいな色に仕上がるので問題がないような気がします。

 

 

 

1.   一晩水につけておいた枯れ葉を軽くしぼって、

水を注いで煮立てた後、10分ほどトロ火にする。

藍の枯葉染め ポジャギ ヌビ

一晩水につけた蓼藍の枯葉

 

 

2.  苛性ソーダをその容器にいれて混ぜて5分たつと、

火から容器をおろす。

藍の枯葉染め ポジャギ ヌビ

灼熱の太陽が照る中炊きだす

 

 

3.  容器の枯れ葉と苛性ソーダの混合した液を布袋で漉し、

水を加えてからハイドロ(還元剤)を少し液中に入れて混ぜる。

藍の枯葉染め ポジャギ ヌビ

布で濾過する

 

 

4.  あらかじめ水に浸していた染める生地を静かに藍液につけ、

3〜4分で取り出す。

空気に触れさせ、発色させ5分後もう一度藍液につける。

藍の枯葉染め ポジャギ ヌビ

干して酸素に触れさせる

 

6.  三日間ぬるま湯につけた後、酢通しを行い、

水洗いの後陰干しする。

右は生葉染めのモシ 左が枯葉染めの明紬

右は生葉染めのモシ 左が枯葉染めの明紬

 

生葉染めもしましたが、枯葉染めなら季節を選ばず、いつでも

できるのでとってもいいですね。

 

灼熱の太陽の下、5人がかりで頑張っても

少ししか染色できませんでした。

モシはまたタドゥミと呼ばれる百たたきの刑  いや? 万たたきの刑が

待っています。

ちょっと愚痴っぽくなりました。

 

朝7時の電車でアトリエに向かう途中、多くのサラリーマンの方が

息苦しいほどの満員電車に乗り、戦いに向かわれる姿を見ました。

感謝して頑張らないといけないなぁと思い、反省したばかりなのに。

 

 

 

 

ヌビのキンチョゴリが完成しました。

ヌビのキンチョゴリ

ヌビのキンチョゴリ

いつもの求里畝で中谷先生撮影

 

去年からとりかかり、キンチョゴリ事件!!!と呼ぶほど

紆余曲折がありましたが、

やっと完成し 嬉しいですっ。

ヌビのキンチョゴリ

黄色は何で染めたのか?? 忘れました、、、

表は可愛い黄色で染色された明紬と

裏は少し濃いめ柄入りの明紬

 

ヌビのキンチョゴリ

型紙はなく 想像の世界

体に合わせて 計りながら作るので

私には同じものはもう作れません。

 

チョゴリはもう作らないかもしれませんが

いい記念になりました。

次の展示会までに、コートやワンピース等普段着れるものを

作成しようと思います。

 

岡山にある石原田園ギャラリーの石原先生ご夫妻が

アトリエ求里畝にお見えになられた。

 

3月のヌビのワークショップにお手伝いして頂き、

その時のモクトリが完成

 

黄色のヌビ モクトリ完成

「汗がでるわ」

可愛らしい声で話される

少女のような石原先生に、黄色のヌビのモクトリ

雰囲気がぴったり。

 

そして 今日はカメラの講習会

カメラ講習会

カメラ講習会

石原先生(旦那様)は、仕事で写真もとられているので

とてもお詳しく

商品の撮影について色々 教えて頂いた。

 

私は  慣れない手つきで一眼レフで写真を撮っても

どうしてもうまくいかない。

 

ISOや絞り値やシャッター速度、光の加減など

詳しく丁寧に説明して下さり、とっても勉強になった。

がっちりした三脚が やっぱり必要だ。

 

今日のおやつ

今日のおやつは岡山から

 

 

爪とぎ中

爪とぎ中

ヒョンビンちゃんの鼻の傷はまだなおっていない。

今日も3時にスタート。

勤行するのは、とてもつらいのかと想像していましたが、

終わると清々しい気持ちになり

毎日すると体も心も少しずつ清らかになれそうな気がします。

お坊様たち トラックに乗って

お坊様たち トラックに乗って

お釈迦様のお誕生日会が終わり、次の日は早速提灯が撤去される。

私たち日本人もお手伝い

朝早いのに炎天下

朝早いのに もう炎天下

途中で配られたアイスキャンディの美味しいこと

 

今日は安東に帰るので、その前に完成した韓服を着て

写真撮影会

韓服を着たユン先生

韓服を着たユン先生

 

お肉も魚も揚げ物もないお寺の食事は

食べたい病の私にはつらいことでしたが、

体の中もリセットされ 2kg減量しました。

お寺のポサルニムたちは、とても親切でしたし、

3日間でしたが、とてもいい経験になりました。

 

安東の先生の工房に帰ります。

盈徳(ヨンドク)江口港(カングハン)が通り道だったので

少し寄り道して、市場の見学に行く。

橋の上には巨大蟹

橋の上には巨大蟹

영덕 강구항

 

イカ釣り漁船が停泊

イカ釣り漁船が停泊

撮影地によく使われるヨンドクの海

撮影地によく使われるヨンドクの海

チャガルチのように下で買って上で食べる方式

チャガルチのように下で買って上で食べる方式

市場の散策が一番の楽しみ

市場の散策が一番の楽しみ

先生アワビを購入

先生アワビを購入

食堂に行きちょっと休憩

食堂に行きちょっと休憩

お昼ごはんをお寺で食べたばかりだったので、アイスコーヒーを

飲みましょうかと言っていたのに

急にアワビとビールを食堂で。

先生は運転があるので、飲めずに申し訳ない。

本当はアワビより安いヒラメがよかった

本当はアワビより安いヒラメがよかった

 

ヒラヒライカ

ヒラヒライカ

とっても韓国らしい風景が広がり、楽しいところです。

 

 

ヨンドク・カングハン(江口港)への道は

プサンよりバスでポハンへ(約1時間半)

ポハンでヨンドク行きバス乗車

カングハン下車(約1時間ぐらい)

停留所より歩いて10分