十分・九份・基隆夜市

えっ? ヌビの話じゃなくて、また台湾?とお思いでしょうが、、、

 

十分 ランタン
十分 ランタン

有名な十分ランタンです。

システムは

1  願いことに合わせて色を選ぶ

2  墨筆で4面に書く

3  線路に出て火をつけられ、記念撮影

言葉がわからなくても大丈夫でした

全部含めて150元(600円)は たくさん並んだお店一律料金

十分 ランタン
十分 ランタン

韓国の大学生かな? 可愛い男の子達も飛ばしてました。

“今のように幸せに” と書かれたランタンは4色バージョン

 

十分 ランタン
色によって願い事が変わるシステム

私達は、一に仕事 二に仕事 三・四がなくて 五に仕事で

ブルー一色を選びました。

 

パオン パオン 大きな音を鳴らして列車が通る
パオン パオン 大きな音を鳴らして列車が通る

ランタンを飛ばすのが こんなに楽しいとは思いませんでした。

 

続けて千と千尋の神かくしのモデルとなった九份へ

赤い提灯が魅力的 九份
赤い提灯が魅力的 九份

 

見晴らしのいい九份茶坊

九份茶坊のベランダで
九份茶坊のベランダで
九份茶坊
色の使い方がとっても上手 九份茶坊

一人基本料金が100元(400円)に茶葉代

アーリー烏龍茶が600元だったか。

 

車で30分 基隆夜市へ

基隆夜市
基隆夜市

 

基隆夜市
激しい音量に 火がボウボウの人形劇

 

小学生にまじって
小学生にまじって

 

蟹ごはんと蟹スープ
蟹ごはんと蟹スープ

韓国と同じで食べるものが安い台湾

 

25元(100円)の蟹炊き込みごはんは 餅米でちまきみたい。

同じテーブルに座ったおねえさんが

ごはんには赤いチューブのソースをかけて

スープにはお酢のようなものをかけるのだと教えてくれました。

 

台北市内から離れてるので行くまで大変ですが、

なんだかワクワクする夜市です。

台北 迪化街

台湾に来た時はホテルで食べるより、街中に出て安くておいしいものを

食べるほうが楽しい。

とわかっていても 朝食付きだとやっぱり、、

マディソン台北
マディソン台北

普通のホテルの朝ごはんを頂き、迪化街へ

 

迪化街
迪化街

 

永楽布業批發商場
永楽布業批發商場

永楽布業批發商場を通り過ぎ、霞海城隍廟へ

 

霞海城隍廟
霞海城隍廟

 

霞海城隍廟 お供え
霞海城隍廟 お供え

境内でお参りセットを購入し、ものすごい人並みにのまれお祈りを終了

台北ナビに、お参りの仕方が詳しく書かれています。こちら→

 

 

 

迪化街は、カラスミや乾物が有名ですが、今は若い人たちが

再開発に乗り出し、かわいい雑貨屋さんや食べ物やさんが目白押し。

 

民藝埕
民藝埕

 

民藝埕 陶器類が多い
民藝埕 陶器類が多い

街並の多くが歴史的建造物に指定されているので

古さを行かしたリノベーションのようです。

 

蘑菇(大稲埕店)
蘑菇(大稲埕店)

 

 

 

ふらふらと臻味茶苑に入ると

座ってください。と言われ、いろんなお茶を試飲させてもらいました。

臻味茶苑
臻味茶苑

3000元(12000円)もする高いお茶まで5種類ぐらい

次から次へと

かたことの日本語をまぜて色々説明してくれました。

 

臻味茶苑
2種類 阿里烏龍茶等購入

 

雰囲気最高
1851年清の時代の建物 雰囲気最高

 

お茶を入れてくれた方は、台湾観光局CMに出ている仙人みたいな方の

弟さん。書家だそうです。

日本人が来ると喜ばそうと 福山雅治が来たよと写真を見せて

くれたり。

 

 

お茶の次はマンゴー

今台北でも東京でも ice monsterが ブームで長時間並ぶと聞きました。

根気のない私は、行く気になれない。

通りすがりの豊味果品にはいってみると

むせかえるような果物の匂い

豊味果品
豊味果品
メロン・パイナップルジュース
メロン・パイナップルジュース

カウンターだけの小さなお店ですが、

びっくりするほど マンゴーかき氷が美味しい。

メロン・パイナップルジュースもとっても爽やかなおいしさ。

 

 

雑貨屋 蘑菇(大稲埕店)

台北市大同區迪化街一段187號

 

お茶屋 臻味茶苑

台北市迪化街一段156号

 

マンゴー豊味果品

台北市迪化街一段195号~199号

 

老舗のかご屋さんも含め 全部10分程の徒歩圏内で

アーチになった通路が続き、日陰を歩くことができます。

 

長くなったので続きはまた

おいしいものを食べに台北へ1

カラフルで昭和の雰囲気が漂う台湾に魅了されています。

沖縄近辺
沖縄近辺

ジェットスターの片道4000円のチケットで、台北に行きました。

 

一緒に行った人が、今月も1日も休みなく働いて

ちょっとヨロヨロだったので

3時につきましたが、とりあえず昼寝

 

————————————————————————————

タクシーにのり、ちょっと高級な客家小館へ

ホテルで予約してもらいましたが、17時に満席でした。

青い字は日本語
青い字は日本語  おすすめは★マーク付き

 

メニューは親切に日本語で書かれていますが、小さすぎてよく見えず

老眼はつらいわぁ。

鳥のやいたん
鳥のやいたん

 

小菜が並ぶ棚
小菜が並ぶ棚

とりあえず小菜をいただこうと、棚の前にはりつき好きな物を指差す。

小菜のはずが、、 じゃこのパリパリしたのもてんこ盛りで、

タッパーに入れて持って帰りたいぐらい。

お料理は、どれも洗練された感じでおいしい。

 

海老とパイナップル炒め
海老とパイナップル炒め

 

海鮮スープ
海鮮スープ

ビールと梅ジュースも飲んで 1590元 (5700円)

 

おすすめ客家小館

台湾台湾新北永和區智光街22號

(+886) 0229483358

MRT永安市場駅から国立台湾図書の近く住宅街

11:00~14:00 17:30~21:00

 

好好台湾 青木 由香 
好好台湾 青木 由香

好好台湾掲載店

 

 

 

————————————————————————————

その後、忠孝敦化駅ちかくの繁華街に行き、ぶらぶら買い物

 

本屋さんと思えない入り口
本屋さんと思えない入り口

世界で一番美しい書店に選ばれた

好樣本事VVG Something

姉妹店の手芸屋さん VVG CHIFFON 好様喜歓

 

日本やヨーロッパ系が多い手芸屋さん
日本やヨーロッパ系が多い手芸屋さん

 

飾り方もおしゃれ
飾り方もおしゃれ

本屋さんと手芸屋さんがどこに行っても一番好きです。

 

お洋服屋さんも好きだった。
あーお洋服屋さんも好きだった。

日本と値段は変わらないが、韓国や日本でみたことのないような

おしゃれなものもチラホラホラ

 

誠品書店
誠品書店

おしゃれな誠品書店

洋服や雑貨もありとっても楽しいが

時間と筋肉??がちょっと足りない。

 

————————————————————————————

ちょっとはりきりすぎで 近くの通化街夜市へ

夜市
コンパクトなつくりの通化街夜市

 

夜市から1本路地を入った小籠包屋さんへ夜食を食べに

ジューシーな小籠包
ジューシーな小籠包

 

周りは暗くてもここだけ煌煌と光る
ビールがないっ!!! お茶やジュースのみ

 

周りは暗くてもこのお店だけ煌煌と光る
周りは暗くてもこのお店だけ煌煌と光る

 

店先で丸めてすぐに蒸し器へ
すごいスピードでつつまれる小籠包

 

小籠包80元(320円)

酸辣湯25元も食べたかったなぁ。
正好鮮肉小篭湯包

台北市大安區通化街57巷內106

TEL.02-2707-6005 (営)17:00~深夜0:30 無休

 

もしもわざわざ行かれる時は

営業時間等 その時 確認くださいませ。

 

ホテルまで歩いて帰り、一日目終了

 

アトリエ求里畝でBBQ 오이냉국

今日のお昼は豪華に牛と豚のバーベキュー

暑くもなく寒くもない いい季節だ。

バーベキュー
バーベキュー

 

中谷先生 庭にチシャを植える
中谷先生 庭にチシャを植える
ビールもかごに入るとおしゃれ
ビールもかごに入るとおしゃれ
ネンクク
冷たいスープ ネングk

오이냉국(オイ ネングk)

このきゅうりとワカメの冷やし汁が美味しかった。

酸味が効いていて お肉との相性ばつぐん。

 

おやつはチーズケーキと庭でとれた苺で作ったアイス

先生の奥様 手作りで。

 

 

食べてばっかりいるわけではなく、、、

 

今日は、ヌビを学びたいと九州と神戸の方がこられた。

 

九州からわざわざ!!と驚くが、

私も3年前にヌビの先生を探しまわり、中谷先生にお会いして

「どうしても教えてほしいんですっ!」と懇願したので

お気持ちがよくわかる。

 

1日しかないので、小さな小物入れを作りながら

ヌビ基本的な方法をお伝えした。

仕立てる方法からヌビをパチパチするところまで。

 

だんだんヌビが広まるとうれしい。

 

 

カテゴリー: おいしいもの, ヌビ

蓮の葉茶と蓮の葉ごはん 연꽃차と연잎밥

韓国亀尾市(クミ市)にある チョネ寺に行きました。

そこは柿渋染めを専門にされています。

柿渋染め チョネ寺
柿渋染め チョネ寺

 

パンツも染める
パンツも染める

 

ピグニ
ピグニ

そこの비구니と呼ばれる尼僧の方が カッパ先生とお友達

ピグニは、昔アトピーやアレルギーに苦しまれたが

柿渋染めの衣服に変えて よくなられたそうです。

 

今は柿渋染めのマスクやスカーフも作られて、お寺で販売中

マスクは、皮膚の敏感な方も使え 息苦しくないのでいいです。

 

お寺のごはん
お寺のごはん

どこに行っても美味しいごはんをごちそうになる。

蓮の葉ごはん
蓮の葉ごはん

 

ごはんの後は移動して お茶室へ

茶室の絵画
茶室の絵画
蓮の花茶
蓮の花茶

韓国ドラマで見て、一度飲んでみたいと思っていた蓮のお茶

お湯を注ぎ、お茶の葉を入れ 最後に花びらの閉じた蓮をさすと

ハラハラハラ〜と花びらが開いてきました。

 

こんな素敵なところに連れて行ってもらった時、

風流を解する人として 振る舞まいたいという思いと

記念だから写真も撮りたいという思いの狭間で

迷います。

 

振る舞いたいと思うところで もうすでに解していないので

結局 「写真を撮ってもいいですか? 」

それなら一緒にと「ブログにのせてもいいですか?」

と聞いてしまうのですが、、、、

あ〜あ

 

 

천해사

慶尚北道 亀尾市 亀浦洞41-1

경북 구미시 구포동 41-1

篆刻家イ・ヨンス 別名カッパ先生

カッパ先生は

お寺の扁額とか お店の看板とか 木で作るアートの専門家です。

中谷先生達とはじめてアトリエとお家にお邪魔して、

1泊させて頂きました。大邱から少し離れた星州という所。

 

手作りのアトリエ
瓦は割れたオンギ

かっぱ先生が建てたアトリエ

スニムとカッパ先生
スニムとカッパ先生 お茶の時間

ファンキーなTシャツと短パン

すごく可愛い奥様
すてきとしか言いようのないサモニム

写真より10倍美人の書家の奥様

 

アトリエ求里畝
求里畝房

スニムが書いた字を 篆刻家のイ・ヨンス先生が彫ってくれました。

求里畝房

 

アトリエ
かっぱ先生作の家具たち

 

アトリエの窓から
アトリエの窓から

 

茶房のような自宅
茶房のような自宅

 

蟹の蒸し物・ジョンゴル・チャプチェ・キムチチム等
蟹の蒸し物・ジョンゴル・チャプチェ・キムチチム

こんなに美味しいものを食べている時も

韓国語での会話が続くので、脳みそがそちらにとられ

残念なことだが  何を食べたか あまり記憶にない。

 

かに味噌うまし
かに味噌 ごはんに混ぜたらよかった

 

日本から来た友達の誕生日会
日本から来た友達の誕生日会を開催

 

建築中の2階
自分で建てちゃうお家の2階

 

 

今が幸せなら    地獄に行っても   幸せ

今が地獄なら    天国に行っても 地獄

というような内容の詩が書かれていた。

 

一緒に見てた中谷先生が

「そうか 私もこれから幸せに生きよう」とつぶやかれたが

先生はいつも笑って  そしていつも楽しい想像しかされず

ここ3年不幸そうに見えた時が

一度もない。

安東 マンモス・ベーカリー 맘모스

韓国から帰国しました。

MARSの影響で 韓国旅行を中止していらっしゃる方もいるのに、

日記を書くのもどうかしらと思いますが、

おすすめの場所だけ少しずつ書いていこうかと思います。

 

ミシュラン三ツ星 マンモス・ベーカリー

なかなか 美味しいパン
美味しい焼きたてパン

こちらの人気ナンバーワンはクリームチーズパン。

もっちもっちの生地の中にはクリームチーズがトローリ。

マンモスベーカリー
クリームちーずパン

と言いながら

クリームチーズが食べられないので焼きたてあんバンを選びました。

カレーパンはちょっとわかりにくい味で しょんぼり。

お誕生日ケーキ これが食べたかった
お誕生日ケーキ これが食べたかった
朝行かないと昼過ぎから種類が激減
朝行かないと昼過ぎから種類が激減
マンモス 安東 ミシュラン
レトロ感満載 喫茶コーナー

 

 

あずきと餅入りピンス
ビッグサイズの  あずきと餅入りピンス

安東からソウルに行く時 ヌビ教室の方が駅までパッピンスを買って

持ってきてくれました。

いつか一箱全部タイラゲタイ。ぐらい美味しい。

 

安東 駅前
安東 駅前

マンモスベーカリーは安東駅の隣にあるホームプラスの向かいの道を

まーすぐ3分ぐらいです。

安東 駅前 ホームプラス
安東 駅前 ホームプラス

주소 경상북도 안동시 남부동 164-1

054-857-6000

カテゴリー: おいしいもの

ピニョ食堂 京都

先日行ったピニョ食堂

京都三条にある韓国料理

ピニョ食堂
スンドゥブ定食

ソルロンタンやセンチェビビンパや

なんとチョングッチャン(納豆汁)までありました。

 

大阪には韓国料理屋さんはたくさんありますが

チョングッチャンは初めて見ました。

 

ピニョ食堂
手書きメニュー
ピニョ食堂 京都
美男美女のご夫婦

のれん はミシンポジャギ

ピニョ食堂
かわいい外観

次は、スユクとキムチでビールといきたい。

 

 

友達の妹さんが、facebookに”いいね”していたので知りました。

韓国のお餅
以前作ってくれた  お餅 ちょー美味しい

料理に精通し、食べ歩きを趣味にされています。

 

どうか私も  美味しいものを食べる時誘っておくれ〜

 

—————————————————————————————-

大好きな韓国料理

 

청국장 チョングッチャン 納豆汁 

간장게장 カンジャンケジャン 蟹の醤油付け 

닭한마리 タッカンマリ 鳥の鍋  (鳥一匹の意味)

보쌈 ポサム 蒸し豚 

설렁탕 ソルロンタン 牛の肉・骨を長時間煮込んで作るスープ 

양념갈비 ヤンニョムカルビ 味付けカルビ 

해물탕 ヘムルタン 海鮮鍋 

밑반찬 ミッパンチャン 常備菜 

매추리알 장조림  メチュリアル カンチョリム うずら卵の醤油煮 

———————————————————————————————-

紙지 色색 布포 土토 遇우 展示会

『紙지 色색 布포 土토 遇우』

韓紙工芸、朝鮮画・水彩画、ポジャギ等の展示

白のモシ ポジャギ
とっても大きく、きれいな縫い目ですてき

昨日友達と行ってきました。

鶴橋駅から歩いて10分程のコリアンタウンにある

班家食工房 2階の小さなギャラリー

如意珠紋
如意珠紋のフチはワタのようなものが入っていてフンワリ

 

ポジャギ 袱紗
袱紗

 

立体的な展示
立体的な展示

 

コリアンタウン
美幸通り コリアンタウン

ゴールデンウィークなので、

お昼はどこも長蛇の列で、見知らぬお店に入ってみましたが

太い麵が出てきました。

お友達に美味しいものを食べさせたかったのに残念。

 

 

ふるる冷麺
細麺がおいしい 

農心ジャパン ふるる冷麺 

細い麵が恋しくなり、今日のお昼はふるる冷麺。

贅沢にミスジの焼肉付き

 

韓国本場の美味しいお店の激細が好きです。

芸術的な細さの冷麺
芸術的な細さの冷麺

これは江南のマダムが連れて行ってくれた

多分함흥냉면 ハムンネンミョン

 

住所: 서울 서초구 반포본동 H상가 1층
電話 : 02-535-1917

 

 

054-855-1255
焼肉と一緒に食べる冷麺 たまらない味

こちらは、パクスナァさんの旦那様が連れて行ってくれた

사돈댁육쌈냉면 サドンテギュクサムネンミョン

安東駅から歩けそうです。

 

住所:경상북도 안동시 목성동 38-6

電話:054-855-1255

 

—————————————————————————

紙 종이(チョンイ)

漢字として 紙は지

手紙 편지(ピョンジ) 漢字は便紙

便箋 편지지(ピョンジジ)  便紙紙

 

中谷先生は大体の漢字の読み方を知っていらして

そこから韓国語をひねり出される。

 

例えば、「つなぐ」と言いたいのにその単語が

わからない時

「連 ヨン 結 キョルだから、、、、

연결하다(ヨンギョラダ)」と。

 

それで大体の会話はクリアーされてすごい。

—————————————————————————