キム・ユンソン先生のセクシルヌビ展示会

 
 

韓国伝統工芸セクシルヌビの展示会が福岡「はかた伝統工芸館」で開催されるそうです。
 

セクシルヌビ展示会

 
 
 
2018.9.20(木)~25(火)
10:00~18:00(入館は17:30まで)
最終日は17:30まで
福岡「はかた伝統工芸館
福岡市博多区上川端町6-1(櫛田神社横)
092-409-5450

 

 

縫い物の先輩が、セクシルヌビをされていて
この展示会を教えていただきました。

講習会で通訳もされるそうです。

 

セクシルは習ったことがなく、

昔展示会で見て、赤い本を買ってから

見よう見真似で、縫っていますが、

今回初めての先生に

教わることができるので、超楽しみです。

 

 

ワークショップ

セクシルヌビ展示会

 

お席があるかかわかりませんが、
ご確認くださいませ。
 
[ワークショップ]
*ポソンポンチプ 作り
9.22(土)9:00〜12:30
9.23(日)9:00~12:30, 13:30〜17:00
定員各回 10名
参加費:2万円 (材料&講習費込み)
エイムアティン博多駅前会議室6A
福岡市博多区博多駅前3-25-24 八百治ビル 6階
sekusirunubi@gmail.com

 

 

소곤 소곤, 당신과의 대화 本

“소곤 소곤, 당신과의 대화” ”こそこそ,あなたとの対話”セクシルヌビ等の本

img_0709

동양자수 박물관, 온양 민속 박물관, 원광 디지털 대학교

공동 기획전 도록 조선,근세, 섬유 공예 유물 재현 특별 전시회 2013.

東洋刺繍博物館温陽民俗博物館 圓光大学校と

共同企画展図録、朝鮮、近世、繊維工芸遺物再現特別展示会 2013.と

東洋刺繍博物館のサイトにかかれていました。

 

img_0715

 

左側がOLD 右側がNEWの2部構成になっており

とても興味深い一冊で、シリーズ化されているこの本。
img_0729
左側の本に現存している古いヌビ

img_0733-1

右側に再現した作品を掲載。

 

ヌビ、セクシルヌビが多数掲載されています。

お好きな方は、もうみなさん持ってらっしゃるだろうなぁ。

写真は、お友達に借りてとりました。そしてなぜまわした後に返しました。

img_0718

簡単な作り方も掲載され、絶対に欲しい一品。

 

温陽博物館も東洋刺繍博物館もまだ行ったことがないので

来年には一度訪れ、シリーズ本が売っていれば

購入したいです。残ってるといいなぁ。

でも55000wonと高額で、悩ましい。欲しい。高い。欲しい。

 

 

img_0710

 


img_0723

 

img_0731

 

img_0738

閨房工芸工房 정윤숙チョンユンスク先生

今日は、ご紹介したい写真がたくさん
これから大邱に行かれる方に、いや行かれる予定のない方にも
おすすめの閨房工芸工房 채담정チェダムジョン
大邱 ポジャギとヌビとセクシルヌビ
可愛らしい先生
かっぱおっぱ(時中先生)の 親しいお友達
정윤숙チョンユンスク先生です。
大邱 ポジャギとヌビとセクシルヌビ
自然染めのミョンジュで作られた大きなチョガッポ
先生はとてもお優しく、すてきな方
昔は韓服を作る仕事をされていたそうです。
 
「こういう古くて時間のかかることに興味を持ち、
 学びたいと思ってくれるだけでありがたい」とおっしゃり、
「いつでも遊びに来てください。」だそうです。
11
おしゃれなチョガッポ
おしゃれなチョガッポ

 

セクシルヌビの棚
なんと セクシルヌビがはめこまれています!

 

 

こちらもセクシルヌビ
こちらもセクシルヌビ

 

セクシルヌビ
またまたゴージャスなセクシルヌビ

 

 

セクシルヌビの手鏡
セクシルヌビの手鏡

 

 

自然染めのチョガッポ
自然染めのチョガッポ

 

刺繍と黒のコントラストがすてきなチョガッポ
刺繍と黒のコントラストがすてきなチョガッポ

 

 

ヌビのチョゴリ
ヌビのチョゴリ

 

 

大邱 ポジャギ
1階が店舗で2階がお教室

 

 

大邱 ポジャギ
伝統的な看板がかけられたお店

 

 

大邱 ポジャギ
まわりはぜーんぶバイク屋さん

 

自然染めのチョカッポやヌビ、セクシルヌビなどたくさん飾られていますし
見せて下さいと言えば、じゃんじゃん出して
見せてくださると思います。
大邱「채담정(チェダムジョン)」
정윤숙(チョン・ユンスク)さんのショップと工房兼お教室
西門市場から歩けます。
대구광역시 중구 국채보상로 101길59
      大邱広域市 中区 国債報償路 101キル59
TEL:053-313-0323

セクシルヌビのブックカバー

少し前の話ですが、

セクシルヌビのブックカバーがようやく完成しました。

セクシルヌビのブックカバー
セクシルヌビのブックカバー

 

 

もう1つ ヌビの丸いバックです。

最近良くセレクトショップなので丸いバックを見かけ、

とっても欲しいわぁと思ったのですが

節約して自分で作ってみました。

中谷先生が藍染してくれたミョンジュ線入りです。

まんまるヌビのバック
まんまるヌビのバック
丸いヌビのバック 自然染めのヌビ
下側は2cm感覚のヌビ
丸いヌビのバック 自然染めのヌビ
上の面は1cm感覚のヌビ

 

ウィークポイントは絹なので綿が入っていますが、ちょっと

弱っちょろいのです。

持ち手は革を名古屋の大塚屋で購入しましたが

もう少し太くてもよかったかもしれません。

綿ももう少し分厚くし、裏生地は絹ではなく

綿にすれば強度が増しますね。

 

なんといっても上の面と下の面を同じサイズで作ってしまったのですが

ヌビの幅が違うので縮む率が変わり、大きさが異なりました。

 

同じ幅でするか、ヌビ幅が小さいほうは収縮率も大きいので

2〜3mm 型紙を大きくしたほうがいいかもしれません。

 

金海子先生に習ったヌビのバック
金海子先生に習ったヌビのバック

9月に作った3品です。

 

 

 

—————————————————————————————

日記というものは、つけているとくせのようになり

なんとなく ちょろちょろ書いていたのですが、

間があくと、わざわざこんな話をしても、、、という気持ちになります。

 

でも私の日記は、何かお知らせとか そうことに関係なく

他の用途があるそうで、

「ブログが更新されているのを見ると

“あーようこちゃん元気にしてるのね” と 安心するの」

と多くの人に言ってもらいます。

 

本当に幸せなことだと思います。