タグ: トゥルマギ

ソウル2日目

IMG_2826

 

前回 韓国旅行の話が ソウル1日目で終わっていました。

月日が流れ 春も終わり夏が来ましたが 続きを

 

針香の会長と 坡州までドライブ

北朝鮮を初めてみました。

海沿いは鉄線がグルグル巻にずっーと続き

物々しい雰囲気でした。

 

韓国では、「家族間で政治の話をするな」というそうです。

意見が対立し、本当のけんかになるから。

なので「政治の話はせずにドライブをしましょう」と先生はおっしゃる。

ちょっと違う意味で 「そうしましょう そうしましょう」と私は同意。

 

 

IMG_2889

坡州のヘイリ村につくと 打って変わって のどかな様子

高級メドゥプ等が飾られたお店を通過し、お昼ごはんへ

 

坡州 コージーハウス

cozy houseで 栄養トルソッパプ定食

パンチャンがとってもおいしく

お酒を飲みたいところですが、お昼から授業なので我慢

 

坡州 コージーハウス

 

 

 

昼食後は、 music spaceへ 音楽を聞きに 行きました。

生演奏ではなく、超高級な音響設備の整ったcafe で

入場料1万ウォン払い、好きな飲物を選ぶというシステム

好きな曲をリクエストもできます。

温かいコーヒーはおかわり自由のようでした。

IMG_2891

 

IMG_2881

普段聞かない クラシックが まぁ気持ちよく いい音でした。

1日中 ここでのんびりしていたい。

 

 

そうも言ってられないので、急いで旧盤浦の工房に帰り

ヌビの授業をスタート。

針香 会長

 

大きな綿のスニム(御坊様)のトゥルマギ(コート)

綿の入れ方や裏返し方を習う。

 

IMG_2937

夕ご飯は工房近くの定食屋さんで ごちそうになりました。

 

 

IMG_2949

ホテルに帰り、小さな机で 一人さみしく宿題を。

 

 

 

cozy house 

주소 : 경기도 파주시 탄현면 법흥리 1652-517

電話 : 031-948-3440

トルソッパプ定食15000ウォン

 

황인용 music space

電話: 031-957-3369

 

 

 

 

朝ごはん 9000ウォン

地下鉄 1350ウォン 往復

コンビニで お水 500ウォン

講習費

 

 

 

 

img_8367

 

これは何年着たとおっしゃったか

そうとう古くて、擦り切れたりしているスニムの綿のヌビ服

敷物になったり、かけふとんにもなるそうです。

 

img_8370

 

 

img_8337

 

スニムは破れてきたら、自分で刺繍などもほどこして

お直しされる。

きれいな縫い目とは言えないが、味わいがあり

どれもとても可愛らしい。

 

img_8318

 

裏山の草木で、染色もされている。

 

img_8324

wifiもなく、携帯も時々通じない英陽郡の山奥の庵で暮らすスニム。

 

img_9073

これはお友達のピグニム(女性のお坊さま)が刺繍されたそうで

ようこにあげると下さった。

 

その後

ちょっとこっちに来てと秘密っぽく 私を呼ぶので

次は何をくれるのか!!! とものすごく期待したら

庭のりんごをとってくれた、、、

 

私にとってはお坊さまというより、お友達だと思って会いに行く。

とっても仲良くして下さるが、いかんせん、、

日本に興味を持たれていて、色々質問されるが

何ひとつまともに答えられない。

「良寛についてどう思う?ようこ」と言われても

うすぼけた私は、 りょ、りょうーかん?

教科書に出てきたけどなぁと ヘラヘラ笑うしかない。