ヌビ講習会のお知らせ

누비질 ヌビのしごと アトリエ求里畝展示会

ヌビのしごと展

上記展示会開催中に、ワークショップを開催します。

申込受付日 10月8日(木)より

申込連絡先 atelier.gurim@gmail.com

 

韓国の織物工場に買いに行きました明紬

宝塚の山奥のアトリエで、草木を集め

染色した生地を使用します。

 

10月25日(日)眼鏡入れ

ヌビの眼鏡入れ
ヌビの眼鏡入れ

 

10月28日(水)小物入れ 満席になりました。

ヌビ小物入れ
ヌビ小物入れ

 

11月   3日(火)ブックカバー(文庫本・サイズ調節可)

ヌビのブックカバー
ヌビのブックカバー

どの作品も、ワークショップで作って頂くのは

写真見本と異なる場合があります。

 

————————————————————————————-

各回13:00〜17:00 定員8名  (定員になり次第締め切りいたします)

4800円(材料費・展示会パンフレット・飲み物含む)

ヌビの基本的な材料

生地・蠟引きした糸・ヌビ用針・ワタ・トッタンと呼ばれる付け布をセット

 

持ち物 眼鏡、使い慣れた裁縫道具がございましたら、持参下さい。

 

今回はメールのみの受付となります。下記内容を送付願います。

atelier.gurim@gmail.com

希望日・代表者名・参加人数・当日連絡先

受付メールが届きましたら、申込み完了となります。

よろしくお願いいたします。

————————————————————————————-

ヌビ は基本、作りたい形のブロックを作り、

コの字とじで合わせるというシンプルな作りです。

IMG_6629

 

四角のものができるようになりますと

袱紗、モクトリ(首巻き)、ブックカバー、小物入れなど

何にでも応用ができます。

 

カーブのついたものが作れるようになりますと

ベストやジャケット、スカート等現代的に着るものも作成可能です。

 

ヌビのベスト
ヌビのベスト

シルクは軽く暖かく、少し華やかさに欠けるかもしれませんが

愛らしい雰囲気があると思います。

リバーシブルで使用できるのもポイント。

 

デメリットは、絹なので洗濯が難しいことでしょうか。

ヌビのチョッキ完成図
ヌビのベスト完成図

大量生産されたマグカップより、自分で作った陶芸の器は

長く愛着を持って使えるように

ヌビ作品も、長く愛用してもらえると思います。

 

 

ヌビ修行4日目 盈徳江口港

今日も3時にスタート。

勤行するのは、とてもつらいのかと想像していましたが、

終わると清々しい気持ちになり

毎日すると体も心も少しずつ清らかになれそうな気がします。

お坊様たち トラックに乗って
お坊様たち トラックに乗って

お釈迦様のお誕生日会が終わり、次の日は早速提灯が撤去される。

私たち日本人もお手伝い

朝早いのに炎天下
朝早いのに もう炎天下

途中で配られたアイスキャンディの美味しいこと

 

今日は安東に帰るので、その前に完成した韓服を着て

写真撮影会

韓服を着たユン先生
韓服を着たユン先生

 

お肉も魚も揚げ物もないお寺の食事は

食べたい病の私にはつらいことでしたが、

体の中もリセットされ 2kg減量しました。

お寺のポサルニムたちは、とても親切でしたし、

3日間でしたが、とてもいい経験になりました。

 

安東の先生の工房に帰ります。

盈徳(ヨンドク)江口港(カングハン)が通り道だったので

少し寄り道して、市場の見学に行く。

橋の上には巨大蟹
橋の上には巨大蟹

영덕 강구항

 

イカ釣り漁船が停泊
イカ釣り漁船が停泊
撮影地によく使われるヨンドクの海
撮影地によく使われるヨンドクの海
チャガルチのように下で買って上で食べる方式
チャガルチのように下で買って上で食べる方式
市場の散策が一番の楽しみ
市場の散策が一番の楽しみ
先生アワビを購入
先生アワビを購入
食堂に行きちょっと休憩
食堂に行きちょっと休憩

お昼ごはんをお寺で食べたばかりだったので、アイスコーヒーを

飲みましょうかと言っていたのに

急にアワビとビールを食堂で。

先生は運転があるので、飲めずに申し訳ない。

本当はアワビより安いヒラメがよかった
本当はアワビより安いヒラメがよかった

 

ヒラヒライカ
ヒラヒライカ

とっても韓国らしい風景が広がり、楽しいところです。

 

 

ヨンドク・カングハン(江口港)への道は

プサンよりバスでポハンへ(約1時間半)

ポハンでヨンドク行きバス乗車

カングハン下車(約1時間ぐらい)

停留所より歩いて10分

カテゴリー: ヌビ タグ: , ,