タグ: 自然染め

少し前の話ですが、

セクシルヌビのブックカバーがようやく完成しました。

セクシルヌビのブックカバー

セクシルヌビのブックカバー

 

 

もう1つ ヌビの丸いバックです。

最近良くセレクトショップなので丸いバックを見かけ、

とっても欲しいわぁと思ったのですが

節約して自分で作ってみました。

中谷先生が藍染してくれたミョンジュ線入りです。

まんまるヌビのバック

まんまるヌビのバック

丸いヌビのバック 自然染めのヌビ

下側は2cm感覚のヌビ

丸いヌビのバック 自然染めのヌビ

上の面は1cm感覚のヌビ

 

ウィークポイントは絹なので綿が入っていますが、ちょっと

弱っちょろいのです。

持ち手は革を名古屋の大塚屋で購入しましたが

もう少し太くてもよかったかもしれません。

綿ももう少し分厚くし、裏生地は絹ではなく

綿にすれば強度が増しますね。

 

なんといっても上の面と下の面を同じサイズで作ってしまったのですが

ヌビの幅が違うので縮む率が変わり、大きさが異なりました。

 

同じ幅でするか、ヌビ幅が小さいほうは収縮率も大きいので

2〜3mm 型紙を大きくしたほうがいいかもしれません。

 

金海子先生に習ったヌビのバック

金海子先生に習ったヌビのバック

9月に作った3品です。

 

 

 

—————————————————————————————

日記というものは、つけているとくせのようになり

なんとなく ちょろちょろ書いていたのですが、

間があくと、わざわざこんな話をしても、、、という気持ちになります。

 

でも私の日記は、何かお知らせとか そうことに関係なく

他の用途があるそうで、

「ブログが更新されているのを見ると

“あーようこちゃん元気にしてるのね” と 安心するの」

と多くの人に言ってもらいます。

 

本当に幸せなことだと思います。

 

 

ヌビのブックカバー

ヌビのブックカバー   

 

文庫本サイズ

文庫本サイズ

 

180cmのモクトリ

180cmのモクトリ

 

ヌビを久しぶりにパチパチしました。

縫い目はヨタヨタとおぼつかない線です。

でも 中谷先生の染色なので色はとてもきれい。

プレゼント用に

モクトリを2本とブックカバーを2つ。

 

いつもどうしても同じ色ばかりに。

 

 

 

少し前に韓国大邱から篆刻作家のお友達と書家の奥様が

日本旅行にこられたのですが

かっぱおっぱ

かっぱおっぱ

このご夫婦は

私に色々なこと 精神的なことから芸術的なことまで

教えてくれます。

(韓国語がわからないというより、内容も難しい時もあるのですが)

 

「ようこ 好きな色ばかり使わないほうがいい。

例えば黒が好きでも 紫も赤も白も青も

きらいな色も全部使った後 また黒に戻りなさい。

そうすると、また全然違った黒が見えてくるから。」

 

そういうものなのかもしれない。

韓国亀尾市(クミ市)にある チョネ寺に行きました。

そこは柿渋染めを専門にされています。

柿渋染め チョネ寺

柿渋染め チョネ寺

 

パンツも染める

パンツも染める

 

ピグニ

ピグニ

そこの비구니と呼ばれる尼僧の方が カッパ先生とお友達

ピグニは、昔アトピーやアレルギーに苦しまれたが

柿渋染めの衣服に変えて よくなられたそうです。

 

今は柿渋染めのマスクやスカーフも作られて、お寺で販売中

マスクは、皮膚の敏感な方も使え 息苦しくないのでいいです。

 

お寺のごはん

お寺のごはん

どこに行っても美味しいごはんをごちそうになる。

蓮の葉ごはん

蓮の葉ごはん

 

ごはんの後は移動して お茶室へ

茶室の絵画

茶室の絵画

蓮の花茶

蓮の花茶

韓国ドラマで見て、一度飲んでみたいと思っていた蓮のお茶

お湯を注ぎ、お茶の葉を入れ 最後に花びらの閉じた蓮をさすと

ハラハラハラ〜と花びらが開いてきました。

 

こんな素敵なところに連れて行ってもらった時、

風流を解する人として 振る舞まいたいという思いと

記念だから写真も撮りたいという思いの狭間で

迷います。

 

振る舞いたいと思うところで もうすでに解していないので

結局 「写真を撮ってもいいですか? 」

それなら一緒にと「ブログにのせてもいいですか?」

と聞いてしまうのですが、、、、

あ〜あ

 

 

천해사

慶尚北道 亀尾市 亀浦洞41-1

경북 구미시 구포동 41-1