소곤 소곤, 당신과의 대화 本

“소곤 소곤, 당신과의 대화” ”こそこそ,あなたとの対話”セクシルヌビ等の本

img_0709

동양자수 박물관, 온양 민속 박물관, 원광 디지털 대학교

공동 기획전 도록 조선,근세, 섬유 공예 유물 재현 특별 전시회 2013.

東洋刺繍博物館温陽民俗博物館 圓光大学校と

共同企画展図録、朝鮮、近世、繊維工芸遺物再現特別展示会 2013.と

東洋刺繍博物館のサイトにかかれていました。

 

img_0715

 

左側がOLD 右側がNEWの2部構成になっており

とても興味深い一冊で、シリーズ化されているこの本。
img_0729
左側の本に現存している古いヌビ

img_0733-1

右側に再現した作品を掲載。

 

ヌビ、セクシルヌビが多数掲載されています。

お好きな方は、もうみなさん持ってらっしゃるだろうなぁ。

写真は、お友達に借りてとりました。そしてなぜまわした後に返しました。

img_0718

簡単な作り方も掲載され、絶対に欲しい一品。

 

温陽博物館も東洋刺繍博物館もまだ行ったことがないので

来年には一度訪れ、シリーズ本が売っていれば

購入したいです。残ってるといいなぁ。

でも55000wonと高額で、悩ましい。欲しい。高い。欲しい。

 

 

img_0710

 


img_0723

 

img_0731

 

img_0738

ヌビ修行4日目 盈徳江口港

今日も3時にスタート。

勤行するのは、とてもつらいのかと想像していましたが、

終わると清々しい気持ちになり

毎日すると体も心も少しずつ清らかになれそうな気がします。

お坊様たち トラックに乗って
お坊様たち トラックに乗って

お釈迦様のお誕生日会が終わり、次の日は早速提灯が撤去される。

私たち日本人もお手伝い

朝早いのに炎天下
朝早いのに もう炎天下

途中で配られたアイスキャンディの美味しいこと

 

今日は安東に帰るので、その前に完成した韓服を着て

写真撮影会

韓服を着たユン先生
韓服を着たユン先生

 

お肉も魚も揚げ物もないお寺の食事は

食べたい病の私にはつらいことでしたが、

体の中もリセットされ 2kg減量しました。

お寺のポサルニムたちは、とても親切でしたし、

3日間でしたが、とてもいい経験になりました。

 

安東の先生の工房に帰ります。

盈徳(ヨンドク)江口港(カングハン)が通り道だったので

少し寄り道して、市場の見学に行く。

橋の上には巨大蟹
橋の上には巨大蟹

영덕 강구항

 

イカ釣り漁船が停泊
イカ釣り漁船が停泊
撮影地によく使われるヨンドクの海
撮影地によく使われるヨンドクの海
チャガルチのように下で買って上で食べる方式
チャガルチのように下で買って上で食べる方式
市場の散策が一番の楽しみ
市場の散策が一番の楽しみ
先生アワビを購入
先生アワビを購入
食堂に行きちょっと休憩
食堂に行きちょっと休憩

お昼ごはんをお寺で食べたばかりだったので、アイスコーヒーを

飲みましょうかと言っていたのに

急にアワビとビールを食堂で。

先生は運転があるので、飲めずに申し訳ない。

本当はアワビより安いヒラメがよかった
本当はアワビより安いヒラメがよかった

 

ヒラヒライカ
ヒラヒライカ

とっても韓国らしい風景が広がり、楽しいところです。

 

 

ヨンドク・カングハン(江口港)への道は

プサンよりバスでポハンへ(約1時間半)

ポハンでヨンドク行きバス乗車

カングハン下車(約1時間ぐらい)

停留所より歩いて10分

カテゴリー: ヌビ タグ: , ,

望郷 李明淑先生

望郷
中谷省三先生 本の挿絵

 

他人があるく一歩の道を

あなたは百歩かかってあるいていった。

灼けつく陽ざしが

したたりおちる汗を吸い上げていく

それでもたちどまることを知らない

かあさんのリアカアが

あるいていく

つまずき のめり あるいた

この土よ

いちにちいちまいではなく

いちにちにまいのはやさで

いのちがあなたの中から

虚空たかく消えていくのを

みつめていたかあさんの目

あなたが引きずりあるいたリアカアの

車輪のあとにぬりこめられた

かあさんの目よ

わたしはかあさんの目からおちたしずくが

あたたかい靄となってたちこめるみちを

濡れてあるいてみよう

かあさんの土と血と

血と土のたちきれないつながりにむせながら

もつれた糸の痛みをふりほどいてみるために

 

「リアカア」より抜粋

 

――――――――――――――――――――――――――–

李明淑先生の望郷 この本を読み直しました。

韓国から日本に移り住み、お母様の過酷な日々を描かれた詩

今までに読んだ本の中で 一番心に残ったものです。

 

詩人の李明淑先生は中谷先生と仲良しでいらして、

2年前に 一緒に韓国に行かせて頂いたことがあります。

韓国語は全部忘れてしまったとおっしゃていましたが、

安東につき、少し時間がたつと自然と会話されていました。

身体が覚えていたみたいねと。

 

久しぶりにお会いして

80歳を超えてもとっても可愛らしくお元気なご様子でした

――――――――――――――――――――――――――――――――–

カテゴリー: タグ: